運転中、スマホ使わないで

きょう1日から「ながら運転」点数3倍、罰重く

©株式会社山形新聞社

 スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」を厳罰化する改正道交法が12月1日、施行された。違反点数と反則金が従来の約3倍となるほか、事故を起こした場合は直ちに罰金、免許停止につながる。県内でもながら運転に起因する死亡事故が発生しており、県警は法改正の周知と合わせ、取り締まり強化による事故抑止を図る。

 罰則強化は、スマホでゲームをしながら歩行者をはねるなどの重大事故が全国的に相次いだことが背景にある。改正後は、運転中にスマホなどを使用する「保持」の違反点数が1点から3点、反則金は普通車の場合で6千円から1万8千円に引き上げられる。違反を繰り返した際などの罰則についても罰金の引き上げに懲役刑が加えられ、「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」となる。

 スマホを手に持って通話したり、画面を注視したりしたことで事故を起こすなど「交通の危険」を生じさせた場合は、直ちに刑事手続きの対象となる。罰則が「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に強化される上、違反点数は2点から6点となり、1回の摘発で免許停止になる。

 県内では2014~18年の5年間で、携帯電話の使用などを原因とした事故が32~48件発生している。17年1月には天童市蔵増で、軽乗用車が自転車をはねる死亡事故があった。軽乗用車を運転していた20代男性は運転中に携帯電話を操作し、進路左側を走っていた自転車に追突。50代男性が犠牲となった。

 県警は現在、横断歩行者妨害や飲酒運転などの違反取り締まりに注力し、県内各所で目を光らせている。スマホなどを使用する「保持」に伴う摘発件数は年々減少しているものの、18年は5558件(前年比1635件減)に上った。県警は「引き続き取り締まりを強化していく」とし、運転者側も「運転中はスマホを使わない」との意識徹底が改めて求められる。