<レスリング>「男子グレコローマンのW杯は近日中に開催される」…イランのスポーツ・ユース省

©公益財団法人日本レスリング協会

 テヘランで予定されていた男子グレコローマンのワールドカップを世界レスリング連盟(UWW)が延期したことに関し、イランのメディアは、イラン・オリンピック委員会のレザ・サレヒ会長が「UWWの決定は、西側諸国による誤った宣伝によって扇動されたものであり、性急すぎる決定だ」と主張したことや、イランのスポーツ・ユース省の「同大会は近日中に開催される」との声明を発表したことを報じた。

 同省のマスード・ソルタニファー大臣は、日本とロシアのイラン大使に、テヘランで開催されるワールドカップに参加するよう呼びかけたほか、日本、ロシア、ジョージアなどに対し、国際大会を開催するにあたって極めて安全な状況であることを伝える意向を示したという。

 ガソリン値上げへの抗議で発生した同国の大規模デモについて、ロイター通信は「革命体制の過去40年間で最大の可能性」と報じた。すでに沈静化へ向かっているようだが、450人以上が死亡、4000人以上が負傷し、逮捕者は1万人を上回るとの報道もある。