ロジャーズ監督、ジェイミー・バーディーを大絶賛!「2人の選手がいるようなもの」

©フットボール・トライブ株式会社

バーディーとロジャーズ監督 写真提供: Gettyimages

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、同チームのエースであるイングランド代表FWジェイミー・バーディーの活躍を絶賛している。1日、英紙『ミラー』が伝えた。

来月で33歳となるバーディーが、プレミアリーグ記録となる11試合連続ゴールを樹立してから約4年。今季も同選手は、現在12得点でリーグの得点ランキングでトップにつける。直近5試合でも連続得点中で、第10節のサウサンプトン戦の大勝(9-0)ではハットトリックも披露した。ロジャーズ監督は、現在のバーディーがキャリア最高であり、2人分の働きをする数少ない選手だと称えた。また、リバプール時代に指導した現在バルセロナ所属のウルグアイ代表FWルイス・スアレスとも比較している。

ブレンダン・ロジャーズ監督

「 ジェイミーは常に非常に高いレベルでプレーしている。彼が出ると、2人のプレーヤーがピッチにいるようなものだ。たまに『何故2人のストライカーを出さないのか?』と聞かれるけど、彼のような選手がいれば2人分の脅威になるんだ。

リバプールにいた時のルイス・スアレスもそうだった。私にとっては彼も単独のストライカーとして素晴らしかった。ルイスもジェイミーも自らディフェンダー陣を支配できる。

先週ジェイミーが突破する時のスピードを見たでしょう?彼はとても危険で、頭もいい。試合の組み立て方も上手くなっているよ」

また同監督は、バーディーが代表でプレーしないことについては、クラブでの好調につながっていると考えているようだ。「代表ウィーク中は身体的にも精神的にも回復の時間ができていい」と発言している。