コウチーニョ、バイエルン残留を希望!「ここはとても快適」

©フットボール・トライブ株式会社

フィリペ・コウチーニョ 写真提供: Gettyimages

バイエルン・ミュンヘンにローン移籍中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは、バルセロナに戻ることは考えていないようだ。1日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

コウチーニョは2018年1月にリバプールからバルセロナに加入して低調な時期を過ごし、今夏バイエルンに1年間の期限付き移籍に至った。同選手はバイエルンについて「このクラブはとても快適だよ。1年間の予定で、今はここでのプレーに集中している。すべてがうまくいけば、このクラブに残りたい」と語り、バイエルン残留を希望しているようだ。

先月にバイエルンの指揮官となってから、1日のレバークーゼン戦で初黒星を喫したフリック監督についても「彼のやり方を理解しているから上手くいっている。フリックは僕たちみんなが重要だと思わせてくれるからハッピーだよ。もちろんたくさんやらなきゃいけないことがあるのは知っている」とコメントした。

なお、同選手の契約には買い取りオプションがついており、バイエルンがオプションを行使する場合は1億2000万ユーロ(約145億円)とのこと。コウチーニョは今後同クラブで、どのようなプレーを見せるのだろうか。注目していきたい。