ツリーやドーム~幻想的な光の世界

東根で「ウインターフェス」

©株式会社山形新聞社

約13万個のイルミネーションが街中を彩る「ひがしねウインターフェスティバル」=東根市・まなびあテラス

 東根市中心部を華やかに彩る「ひがしねウインターフェスティバル」が、まなびあテラスで開かれている。昨季より1万個多い約13万個の発光ダイオード(LED)の輝きが幻想的な雰囲気を醸している。

 敷地内の公園では電飾による高さ7メートルのツリー2基が暗がりに浮かび、立ち木が光をまとって幻想的な雰囲気を演出。市内の児童が製作したペットボトルランタンや、ドーム形のユニークなイルミネーションも会場を彩っている。1日は午後5時の点灯に合わせて多くの親子連れが来場し、写真を撮るなどして光の世界を楽しんでいた。

 イルミネーションは来年1月13日までの午後5時~9時半に点灯する。今月22日までの土、日、祝日にはクリスマスマーケットが開かれるほか、ミニコンサートやアートパフォーマンスなどのイベントが繰り広げられる。