『ONE PIECE STAMPEDE』が映画部門1位!goo、2019年検索ランキング

©株式会社シネマトゥデイ

映画カテゴリの1位は『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』 - Jun Sato / WireImage / Getty Images

 ポータルサイト・gooを運営するNTTレゾナント株式会社が「goo、2019年検索ランキング」を2日に発表し、映画カテゴリの1位は『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』が獲得した。

今年最も検索された人物も発表!芸能人・ドラマ部門の結果【画像】

 映画カテゴリでトップに輝いた『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』は、尾田栄一郎による大人気コミックが原作の人気アニメ「ONE PIECE ワンピース」の放送20周年を記念した劇場版作品。今年8月9日に封切られ、国内で興行収入55億円、全世界興収98億円を突破するという大ヒットを飛ばした。同作の関連ワードは「ネタバレ」が最多で、海賊王の遺した宝をめぐって海賊たちが争奪戦を繰り広げるというストーリー展開に熱い視線が集まったようだ。

 2位は原泰久のベストセラーコミックを実写映画化した『キングダム』。中国の春秋戦国時代を舞台に大将軍を夢見る少年・信と、中華統一をもくろむ若い王・エイ政の運命を描き出したエンターテインメント超大作で、主演の山崎賢人をはじめ、吉沢亮長澤まさみ橋本環奈本郷奏多ら超豪華キャストが集結。2019年上半期実写邦画No.1ヒットを記録した。

 3位には『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』がランクイン。近年、右肩上がりの興収を記録し続けている同シリーズだが、本作でもシリーズ最高興収だった前作『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』(2018)の記録を塗り替え、シリーズ歴代最高興収を7年連続で更新する結果となった。

 同ランキングは、2019年1月1日~2019年11月24日の期間における「gooウェブ検索」の検索ログを基準にしたもの。芸能人、ドラマ、映画のカテゴリに分け、2019年に話題になったワードが発表された。(編集部・吉田唯)