中朝友好をアピール…中国交響楽団が平壌で公演

©デイリーNKジャパン

訪朝している中国の「中国国家大劇院交響楽団」の公演が30日と1日、平壌の三池淵管弦楽団劇場で行われた。朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮労働党中央委員会の朴光浩(パク・クァンホ)、李洙墉(リ・スヨン)の両副委員長をはじめ文化・芸術部門の関係者らが公演を鑑賞した。


同通信によると、公演は、「朝中友好は永遠なり」という楽曲で終わった。金正恩党委員長は公演を鑑賞しなかったが、ここ最近進んでいる中朝友好を改めて確認した形だ。