退団噂のオーバメヤン、インテルも獲得に名乗り?

©フットボール・トライブ株式会社

ピエール=エメリク・オーバメヤン 写真提供: Gettyimages

インテルはアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得を視野に入れているようだ。2日、英紙『デイリー・メール』が報じている。

2021年6月までアーセナルとの契約を残しているオーバメヤン。しかし、クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した場合は退団する意向だと報じられ、移籍先の候補となるクラブもいくつか浮上している。その状況の中、インテルも同選手の獲得に動く可能性があるようだ。

報道によると、インテルはアルゼンチン代表の若手FWラウタロ・マルティネスの放出に備え、その代役となるストライカーとしてオーバメヤンの獲得を検討しているようだ。マルティネスにはレアル・マドリードやバルセロナからの関心が報じられている。

今夏の移籍市場でベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得したインテル。立て続けに、大物ストライカーの獲得を実現させるのだろうか。