北村匠海、新田真剣佑のアドリブ演技を振り返る「笑わせに…」

©株式会社シネマトゥデイ

ダブル主演を務めた北村匠海と新田真剣佑

 新田真剣佑北村匠海が2日、有楽町朝日ホールで行われた映画『サヨナラまでの30分』の完成披露試写会に出席。北村はともに主演を務めた新田が撮影中にアドリブ演技で笑わせようとしてきたことを明かした。この日は、新田と北村のほか、久保田紗友葉山奨之上杉柊平清原翔萩原健太郎監督も姿を見せた。

新田真剣佑、北村匠海、清原翔ら人気若手が集結!【写真】

 本作は、1年前に他界したバンドボーカルのアキ(新田)が遺したカセットテープを大学生の颯太(北村)が拾ったことから巻き起こる奇跡を描く青春音楽ラブストーリー。注目の若手キャストたちが登壇するとあって、会場は大勢の女性ファンで熱気に包まれた。

 物語では、アキが見えるのは颯太だけで、他の人たちからは見えないという設定ということで、新田は「これは寂しいところがありましたよ」と振り返る。続けて「みんなに話しかけているのに見えないから、颯太を通して話すしかない。後半から、颯太を通じてどう変わっていくのかが見どころです」とアピールした。そんな新田は、アキのことが見えていない演技をしているキャストたちを笑わせにかかっていたそうで、北村は「アドリブで笑わせにくるんですよ」と語り、新田は「楽しかったね」と涼しい顔で答えた。

 カセットテープが再生される30分間だけ、アキと身体が入れ替わる颯太を演じた北村は、両者の演じ分けが大変だったという。「ワンシーンで颯太から始まって途中でアキになり、また颯太に戻るというところがあって、(脚本を呼んでいる段階から)ヤバいなと思いました。颯太を演じるときは前かがみ、アキを演じるときは後ろに(反る感じで)演じ分けました。チャレンジングな作品でしたし、二人を演じるのは体力的にも大変でしたが、たくさんの方に支えられながら、今もあの頃に戻りたいなと思うくらい楽しい期間でした」と笑顔を見せる。

 また、キャスト陣は和気あいあいとした様子で、久保田は「ヒロインということでプレッシャーがあったのですが、本当に居心地が良くて、お仕事がこんなに楽しくなっちゃっていいのかと思うくらいでした」としみじみ。それに対して北村は「お仕事は楽しくていいじゃない」と笑いながら呼びかけた。

 萩原監督は本作がオリジナル作品ということで、劇中での役柄は実際のキャストに合わせてイメージを変えていったという。「(清原が演じるベースの)森ちゃんという役は、ただ優しいだけでなくダメな感じを付け加えていくと、清原くんの良さがでてくる。そうやってキャラクターと比較しながらやるのが楽しかったです。マッケン(真剣佑)もいい部分や弱い部分を多面的に描けたのが、良かったと思います」と満足げな顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日から全国公開