歳末たすけあい募金呼び掛け 繁華街でヴィヴィくんら

©株式会社長崎新聞社

募金を呼び掛けるヴィヴィくんら=長崎市

 県共同募金会(宮脇雅俊会長)などは2日、長崎市中心部のアーケードで歳末たすけあい運動の募金を呼び掛けた。

 同会職員や浜市商店連合会主婦の会会員ら約20人が参加。サッカーJ2のV・ファーレン長崎のマスコット「ヴィヴィくん」も加わり、関係者が「ご協力をお願いします」と買い物客らに声を掛け、募金のお礼にパンジーの苗を配った。

 たすけあい運動は1日に開始。募金は各市町の共同募金会や金融機関などで25日まで受け付ける。県内での目標額は5000万円。生活困窮者らへの見舞金や福祉車両、車いすの配備などに役立てる。

 長崎新聞社でも27日まで、本社や佐世保支社、県内各支局で募金を受け付ける。受け付けは土日祝日を除く午前10時~午後5時。