『E.T』あれから37年、E.T.と大人になったエリオットが続編で再会!公式動画にウルルッ♡必見!!

©株式会社AXNジャパン

1982年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督のSF映画『E.T.』。幼かったエリオットと架空の地球外生命体E.T.が、なんと37年ぶりに再会を果たすという様子を描いたショートムービーが公開されました。E.T.と再会するストーリーはまさに感動!!思わずホッコリウルルになるこの公式動画をぜひ。

『E.T.』とは?

https://m.media-amazon.com

1982年にユニヴァーサル映画が、スティーヴン・スピルバーグ監督&製作によって約1,000万ドル(本日12月2日レートで約11億)という予算で製作されたのですが・・・。公開されてから数ヶ月間の間様々な劇場で上映され、アメリカでは3億5,900万ドル、世界的には3億400万ドルという興行収入を得た作品です。

E.T. the Extra-Terrestrial (1982)

https://m.media-amazon.com

本作は、第40回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品となり、第55回アカデミー賞では音響効果賞、視覚効果賞、音響賞、作曲賞を受賞。そして、作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞にもノミネートされています。1994年には、アメリカ連邦議会図書館がアメリカ国立フィルム登録簿に新規に登録された伝説的映画でした。

Henry Thomas and Pat Welsh in E.T. the Extra-Terrestrial (1982)

https://m.media-amazon.com

その後、公開から20年の歳月が経った2002年に、20周年を記念してパペットや着ぐるみなどの人形で作られたE.T.を最新技術のCGで作り直して、幾つかの場面を修正&追加した『E.T. 20周年アニバーサリー特別版』が公開されました。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjI2MjgyNDUxMF5BMl5BanBnXkFtZTgwNjc0MDk0MDI@.V1SY1000CR0,0,683,1000AL_.jpg

その作品は、全世界で約6800万ドルの興行収入を記録し、再びリニューアルされた作品が公開された事によって世界興行収入の累積総計は8億ドル近くになった作品です。

メイシーズ開催の感謝祭パレード中のCMだったこの動画

ET Xfinityコマーシャル

https://heavyeditorial.files.wordpress.com/2019/11/e.t.-xfinity-commercial.jpg?quality=65&strip=all

今回続編として公開された短編のストーリーですが、アメリカ.ニューヨークに本部がある百貨店のメイシーズによって開催された、感謝祭のパレードの中継中に流れたクリスマス広告のCMだったのです。

MACY'S THANKSGIVING DAY PARADE -- Pictured: Tom Turkey float at the 93rd Macy's Thanksgiving Day Parade in New York City on Thursday November 28, 2019 -- (Photo by: Ralph Bavaro/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

「Macy's(メイシーズ)」とは?

「Macy's(メイシーズ)」と言えば、設立されたのが1858年という老舗のアメリカで人気の百貨店であります。店内のエスカレータにはニューヨーク市で最古級のエスカレータとして知られている今では珍しい木製のエスカレータがあることでも知られているメイシーズですが・・・・。

MACY'S THANKSGIVING DAY PARADE -- Pictured: Olaf Balloon at the 93rd Macy's Thanksgiving Day Parade in New York City on Thursday November 28, 2019 -- (Photo by: Peter Kramer/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

長年、独立記念日にマンハッタンとブルックリンの間のイースト・リバーで行われる花火大会や、感謝祭の日の朝やクリスマスにマンハッタンで行われるパレード(メイシーズ・サンクスギヴィング・デイ・パレード)のメインスポンサーとしても有名です。

Henry Thomas and Pat Welsh in E.T. the Extra-Terrestrial (1982)

https://m.media-amazon.com

実は、この作品が大人を中心にしてとっても話題となっているそうですよ。ネット回線や配信動画サービス「Xfinity」のCMなのですが、本当に映画『E.T.』の続編の映画を観ているような気持にさせてくれ、観ている私たちを『E.T.』の世界へと誘ってくれます。あの懐かしい映画『E.T.』の続編にあたる最新作のタイトルは『A Holiday Reunion.(祝日の再会)』。

『A Holiday Reunion.(祝日の再会)』

https://i0.wp.com/metro.co.uk

これまでも毎年様々なストーリーで、広告のCMは作られているのですが、本作は今まで作られたクリスマス広告の歴史の中でおそらく最も美しいクリスマス広告だと誰もが感じているようですよ。まずはこの感動的な「A Holiday Reunion.(祝日の再会)」をご覧になられてみてください。

「A Holiday Reunion.(祝日の再会)」 

ちょっとだけ詳しいお話をすると・・・。公開されると同時に大人気となり伝説的映画とも言われた『E.T. the Extra-Terrestrial』の新しいストーリーになっているこのショート・ムービー。この動画は、アメリカのコムキャストのインターネットサービス「Xfinity」が感謝祭シーズンに合わせて制作したものなのですが、まさにオリジナル版と比べると同じシーンが登場して「E.T.」をご存知の方であれば、思わずニッコリしてしまうシーンが満載です。

「A Holiday Reunion.(祝日の再会)」 

https://i0.wp.com/metro.co.uk/wp-content/uploads/2019/11/bikes-d272.png?quality=90&strip=all&zoom=1&resize=540%2C301&ssl=1

オリジナルの「E.T.」で、当時11歳でエリオットを演じたヘンリー・トーマスは今年で48歳。そんな彼が、37年後の世界では年を重ね大切な人と結婚して2人の子供が出来、家族と幸せに暮らしているという設定の元に本作のストーリーが始まります。

「A Holiday Reunion.(祝日の再会)」 

https://i0.wp.com/metro.co.uk/wp-content/uploads/2019/11/et2-588d.png?quality=90&strip=all&zoom=1&resize=540%2C344&ssl=1

実は、「Xfinity」という会社はデジタル・ケーブルやインターネット、携帯電話やプロバイダーなどをやっている会社なのですが、アメリカでもまだ知名度が低い会社で・・・。この「Xfinity」という会社は、実はコムキャストが保有する企業なのです。コムキャストはテレビ局のNBCが親会社で、感謝祭パレードが放送された局でもあります。

「A Holiday Reunion.(祝日の再会)」 

https://i2.wp.com/metro.co.uk/wp-content/uploads/2019/11/sky-5c20.png?quality=90&strip=all&zoom=1&resize=540%2C349&ssl=1

そのうえ、これ以外にも大人の事情なるものがあり・・・。この感謝祭のパレードのCMの放送の午後に、同じコムキャストが保有しているSyfyチャンネルでオリジナルの『E.T.』が流れることになってたそうですよ。つまりは、番組の宣伝も兼ねているということになるようですね。

「A Holiday Reunion.(祝日の再会)」 

https://i1.wp.com/metro.co.uk/wp-content/uploads/2019/11/kids-7b2e.png?quality=90&strip=all&zoom=1&resize=540%2C280&ssl=1

そのうえもっと驚くことに、映画の中でE.T.が言ったあの有名なセリフである「E.T. Phone Home」(E.T.はおうちに電話する)というこのセリフをテレビのリモコンに話すと「Xfinity」の契約者は、チャンネルが視聴できるようになっているそう。

「A Holiday Reunion.(祝日の再会)」 

https://i1.wp.com/metro.co.uk/wp-content/uploads/2019/11/e23-e47f.png?quality=90&strip=all&zoom=1&resize=540%2C349&ssl=1

本作の中でも37年という歳月を経てテクノロジーが発達した様子が映し出されています。それは、E.T.がエリオットの息子や娘とタブレット端末を一緒に観るシーンや、VRで遊ぶというテクノロジーの進化の様子が一番印象的ですね。あの伝説的な映画の続編が今になって観られるとは・・・。誰もが想像出来なかったこと。ぜひぜひまだこの動画をご覧になられていな方は、観て懐かしんでくださいね。

「A Holiday Reunion.(祝日の再会)」 

https://i1.wp.com/metro.co.uk/wp-content/uploads/2019/11/e.t.-5259.png?quality=90&strip=all&zoom=1&resize=540%2C343&ssl=1

これをきっかけにして、もう一度オリジナル版の『E.T.』を観てみるのもいいかもしれませんね。もう観られないであろうと思っていたあのツーショットがオリジナルに流れた懐かしすぎるあのサウンドと共に現代へ・・・。ヘンリー・トーマスが演じるエリオットと、E.T.がハグする姿は・・・・もうウルウルものです。

https://i1.wp.com/metro.co.uk/wp-content/uploads/2019/11/sky2-fbf8.png?quality=90&strip=all&zoom=1&resize=540%2C354&ssl=1

エリオットと彼の妹であるガーティを演じた当時のトーマスとドリューバリモアにこの続編に登場したエリオットの子供たちがなんとなく似ているようにも感じられます。お互いに家族を持ち、エリオットが家族をE.Tに紹介したように、E.T.もエリオットにホロで家族を見せてくれるシーンは37年という歳月を感じさせますよね。

「A Holiday Reunion.(祝日の再会)」 

https://i2.wp.com/metro.co.uk/wp-content/uploads/2019/11/sky-5c20.png?quality=90&strip=all&zoom=1&resize=540%2C349&ssl=1

オリジナルの『E.T.』はこんな感じ♡

E.T. the Extra-Terrestrial (1982)

https://m.media-amazon.com

オリジナル版の画像をいくつかピックアップしてみました。おそらく先ほどご紹介したショート・ムービーをご覧になっていただいた続編である『E.T.』の動画と同じようなシーンが登場するはずですよ。ぜひご覧になって昔を懐かしんでくださいね。

E.T. the Extra-Terrestrial (1982)

https://m.media-amazon.com

E.T. the Extra-Terrestrial (1982)

https://m.media-amazon.com

https://m.media-amazon.com

https://m.media-amazon.com

https://m.media-amazon.com

https://m.media-amazon.com

公開から37年。当時劇場でご覧になられた方もエリオットと同じように年を重ねており・・・。もちろん筆者も同じなのですが、なんだか同じように年を取ってきた方々には胸の奥にちょっとだけ胸キュンする気持ちを感じていただけるのではないでしょうか。別記事にて37年経った今年、主要キャストの今と昔をまとめてあります。ご興味のある方はこちらもどうぞ。

【関連記事】『E.T.』公開から37年、主要キャストの今昔 ~懐かしい画像集と共に~【2019年保存版】 映画board

https://m.media-amazon.com

いや~ほんとに昔観た映画っていいものが沢山ありますよね。昔の映画を目て観て、耳でサウンドを聞くと、当時観た時のあの感動が再び・・・・。となられる方も多いのでは?本当に映画って素敵です。まだご覧になられたことのない方はぜひオリジナルの映画もご覧になられてみてくださいね。

【参考記事】New E.T: Christmas advert 2019 sees alien reunite with Elliott for Sky and Xfinity Metro News