「ベリーツ」関西デビュー 京都でお披露目、本格出荷【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

ベリーツをPRする尾野副知事(左)とモデルの谷川りさこさん=京都市

 大分県産イチゴのオリジナル品種「ベリーツ」の関西地区お披露目会が11月29日、京都市内のホテルであった。ベリーツは県が8年かけて開発。2017年に発表後、生産量確保にめどが立ったことから関西地区への出荷を本格化することにした。

 同会はベリーツの認知度を高めようと開かれ、尾野賢治副知事が「色、香り、味の三拍子そろった自信作。舌の肥えた人が多い京都に認めてもらい、全国に広めていきたい」とあいさつ。スペシャルアンバサダーに任命されたモデルの谷川りさこさん(大阪府出身)が試食し、「今まで食べたイチゴの中で一番みずみずしく甘い。家族や友人に薦め、広げていきたい」と話した。

 関西地区では京都市中央卸売市場に出荷、地区内のスーパーや百貨店に届けられる。販売計画量は150トン。本格出荷の初日となった同日は1箱(12粒入り)10万円で落札されたものもあり、京都高島屋で販売された。