光り輝く中心街、苫小牧で「とまイルスクエア」がスタート

©株式会社室蘭民報社

とまイルドームで光の世界を楽しむ市民ら

 苫小牧市の中心街を光で飾り付け、活気づける「とまイルスクエア」のイルミネーション点灯式が1日、苫小牧駅前広場で行われ、約300人が幻想的な光のファンタジーを楽しんだ。点灯は来年2月14日まで。

 昨年から始めた事業で「まちの顔」である苫小牧駅前のにぎわいを創出させるのが狙い。タクシーと自転車・自家用車の両駐車場の空きスペースを利用。昨年よりも約1万6千個多い11万個のLED電球で周辺を飾り付けた。

 点灯式は午後4時から開催。主催者の岩倉博文市長は「苫小牧のイルミネーションを楽しんでください」とあいさつ。苫小牧東小学校ブラスバンド同好会の演奏などがイベント開始を盛り上げた。

光の世界で記念撮影する親子

 この後、岩倉市長ら14人が点灯ボタンを押すと、「道内最大規模」(同市)の高さ3・5メートル、長さ27メートルにもなる、とまイルドームがピンク、青、白などの電飾が光を放ち、駅前広場は光の世界となった。訪れた人たちは写真を撮ったりしながら楽しんでいた。点灯時間は午後4時~同11時。

 開催期間中はSNSフォトコンテストを行い、優秀作品には豪華景品を贈呈する。併せて、14日と1月18日にココトマでフォトグラファーの佐藤裕美さんを講師に招いて、インスタ映えする写真撮影の講習会を開催する。

 来年1月6日~31日は、市内7カ所の洋菓子店でイベントをイメージしたスイーツを限定販売する。全期間を通して商店街で買い物を楽しむと買い物券やギフトカードなどが当たる抽選会にも参加できる。

 詳細は市総合政策部まちづくり推進室、電話0144・32局6062番へ。(佐藤重伸)

イルミネーションの点灯ボタンを押す関係者
点灯式に花を添えた苫小牧東小ブラスバンド同好会の児童たち