スパコン前社長に懲役8年求刑

©一般社団法人共同通信社

 スーパーコンピューターの開発を巡り国の助成金をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われたスパコン開発会社の前社長斉藤元章被告(51)の東京地裁の公判で、検察側は3日、懲役8年を求刑した。