東証、午前終値は2万3328円

米景気懸念で反落

©一般社団法人共同通信社

 3日午前の東京株式市場は米景気減速への懸念が高まり、日経平均株価(225種)は大幅に反落した。前日の米国株が下落した流れを引き継いで売り注文が先行し、下げ幅は一時300円を超えた。

 午前終値は前日終値比201円23銭安の2万3328円27銭。東証株価指数(TOPIX)は12.27ポイント安の1702.22。

 2日のニューヨーク市場のダウ工業株30種平均は、製造業関連の米経済指標が悪化したことなどから続落した。円相場の円高ドル安進行も投資家心理を冷やし、東京市場は取引開始直後から幅広い業種で売りが出た。