南京博物院の秘蔵品を紹介-清乾隆仿金釉法輪

©新華社

南京博物院の秘蔵品を紹介-清乾隆仿金釉法輪

 【新華社南京12月3日】中国江蘇省の南京博物院が所蔵する清乾隆仿金釉法輪(しんけんりゅうほうきんゆうほうりん)。両面対称で、蓮座の脚部はラッパ状に広がっている。磁器全体に金釉(金メッキ)が施されており、ルビーやサファイヤ、エメラルドを模した宝石釉による装飾がある。底部には金彩で「乾隆年制」四文字の篆書印章款がある。

 法輪はチベット仏教によく見られる法器で、仏教のいわゆる「七宝」の一つであることから「輪宝」とも呼ばれる。チベット地区のラマ寺院の屋根に高々とそびえる銅に金メッキが施された法輪は、チベット仏教寺院を示すシンボルとなっている。金釉瓷法輪は官窯(宮廷直属の陶磁窯)特有の磁器工芸で、清代の乾隆、嘉慶年間に制作されていた。仏教七宝がセットになったものは七宝(景泰藍)製が多く、磁器のものは非常に珍しい。(記者/劉宇軒)