カープ、菊池のポスティング申請手続き終了 メジャー30球団と交渉可

©株式会社中国新聞社

菊池

 広島東洋カープは3日、菊池涼介内野手(29)が米大リーグに移籍するためのポスティングシステムの申請手続きを終了したと発表した。MLBは全30球団へ契約可能選手として通知。譲渡金を支払う意思を持つ球団が現地時間3日(日本時間午後10時)から30日間交渉できる。

 菊池は昨年12月の契約更改交渉で将来的なポスティングによるメジャー挑戦の意向を伝達。今オフ、あらためて要望し、11月8日に球団が容認した。

 菊池は7年連続でゴールデングラブ賞に輝くなど、二塁手として高い守備力を誇る。11月の国際大会「プレミア12」では24打数8安打をマークし、優勝に貢献。ベストナインと最優秀守備選手に選ばれた。