高校1年の読解力、15位に低下

OECD調査、上位層と差

©一般社団法人共同通信社

 経済協力開発機構(OECD)は3日、加盟国を含む79カ国・地域の15歳を対象として2018年に実施した学習到達度調査(PISA)の結果を公表した。日本の高校1年生の読解力は15位で、8位だった15年の前回調査から低下。点数も12点低くなり、上位層と差が広がった。

 数学的応用力は5位から6位、科学的応用力も2位から5位に後退したが、文部科学省はトップ水準を維持していると分析。3分野の全てでトップは「北京・上海・江蘇・浙江」で参加した中国だった。

 調査は15年に続きパソコンで実施。読解力では新たにブログなどインターネット上の多様な文章形式の出題が行われた。