殺人容疑で4日にも再逮捕、高松

父親の遺体焼却事件

©一般社団法人共同通信社

林田崇容疑者

 高松市の自宅で父親の遺体を焼いて捨てたとして死体損壊と死体遺棄の疑いでペット関連会社役員の林田崇容疑者(29)が逮捕された事件で、香川県警が勾留期限の4日にも、殺人の疑いで再逮捕する方針を固めたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、林田容疑者は、近所に住む父親の昭さん(70)を殺害した疑いが持たれている。当初、死体損壊と遺棄容疑を認め「父と仕事を巡って行き違いがあった」と殺害をほのめかす供述をしていた。その後、黙秘している。

 林田容疑者は、10月30日~11月13日に昭さんの遺体を焼却し遺棄したとして、11月14日に逮捕された。