書籍の正しい位置を見つけるスマートロボットが試験稼働 天津大学図書館

©新華社

書籍の正しい位置を見つけるスマートロボットが試験稼働 天津大学図書館

 2日、天津大学図書館で試験運用されているスマート図書ロボット。(天津=新華社記者/宋瑞)

 【新華社天津12月3日】中国の天津大学が開発した「スマート図書ロボット」の試験運用が、同大学図書館で行われている。このロボットは書籍の正しい位置を見つけるだけでなく、読者の読書傾向を掘り下げて分析し、書籍の仕入れや配置場所を最適化できる。

 スマート図書ロボットはナビゲーションや地図構築、無線測位など多くの技術を集約することで、自動・スマート化した図書点検を可能にした。また、高精度のセンサーデバイスを備えており、障害物を避けることもできる。

 今後はロボットアームを取り付けることで、書籍を自動で正しい位置に戻すことも可能になる。

書籍の正しい位置を見つけるスマートロボットが試験稼働 天津大学図書館

 2日、天津大学図書館で試験運用されているスマート図書ロボット。(天津=新華社記者/宋瑞)

書籍の正しい位置を見つけるスマートロボットが試験稼働 天津大学図書館

 2日、天津大学図書館で書籍のタグ情報を読み取るスマート図書ロボット。(天津=新華社記者/宋瑞)