食事の際、先にメニューを決める男はNG! 夏菜「胃のバランスがある」

©株式会社フジテレビジョン

石橋貴明がゲストとともにさまざまなテーマで語り合うフジテレビ『石橋貴明のたいむとんねる』。

12月2日(月)は、男性代表として大悟(千鳥)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、女性代表として夏菜、壇蜜をゲストに招き、男女がお互い気付いていないことを共有し、今後の生活に役立てていこうという企画「男が気付いていない女の事 女が気付いていない男の事」の第2弾を放送した。

“日常生活”、“ファッション”、“恋愛”、“食事”の4つのジャンルで、20代から40代の一般男女にアンケート調査を行い、その意見をもとにスタジオで討論した。

◆男が気付いていない事(食事編)

【女は食事のとき「男が先にメニューを決める」のがイヤ】

夏菜:私これはめちゃくちゃそう思っていて、「一緒に決める」って意識があってくれるといいんですけど、先にポンポコ決めちゃって。こっち側の胃のバランスがあるじゃないですか!?

壇蜜:胃のバランス?

大悟:整えてこいよ。

夏菜:ちょっとおやつ食べちゃったかもしれないし、同じものを食べたかもしれないじゃないですか、お昼に!なのにまた同じもの頼まれちゃったら嫌だし。

壇蜜:あぁ、なるほど。何が嫌いかもね。「苦手な物ありますか?」とかね。

大悟:そんなのは女の子が決めるより、男が決めてくれる方がいいんじゃないの?

夏菜:ある程度はいいんですよ。ポンポコ、ポンポコ勝手に言わないでって。

吉村:それが「男らしさ」じゃないですか?たぶんそうですよね?

夏菜:吉村さんは「男らしさ」をはき違えてるんですよ!

吉村は「“これが男らしい”と思っているもの、全部逆行ってますからね」と夏菜から個人的なダメ出しを受けて崩れ落ちた。

一方、ヒートアップしている夏菜に対し、石橋は「その前に一回オシッコしておいでよ」と突っ込む。10月28日に放送した「お風呂の正解」で、夏菜が「お風呂場でオシッコしたことがある」と告白していたことを知らない吉村と大悟は「え?何の話したの?」と戸惑う中、壇蜜も「お風呂場でオシッコしますよ」と、援軍発言。まさかの回答に、男性陣は大慌てだった。

◆男が気付いていない事(夏菜からの意見・ファッション編)

【女は男の「後ろポケットに付いた財布の形の擦れ」を見て冷めている】

「いつもそこ(後ろポケット)に入れてることはいい」が「(完全に形になっているので)いつ洗濯してるの?」という夏菜に対し、大悟は「昔はこれがカッコよかった時があった」と言うと「誰がカッコいいと言ったんですか?」と一蹴されてしまった。

「ファッションで気になることがありますか?」と問われた壇蜜は、「靴下が裏っかえしになって“ナマズさん”(下写真参考)になってると、『あぁ、この人は何とかしてあげなきゃいけないな』と思ってしまいますね」と告白。

“ナマズさん”に萌えると告白した壇蜜

その流れで吉村が明かしたのは「『見えないから』と油断したくつ下に冷める」という意見。そこで“パグパン”こと杉原千尋アナウンサーにブーツを脱いでもらうと…。

杉原:じゃじゃーん!

吉村:これは何!?靴と同じ色!これはヤダ!

杉原:え!なんか恥ずかしい。夏菜さんどんなの履いてます?

夏菜:私も同じ感じだよ。じゃじゃーん!

吉村:これ俺冷めるんですよ!

「無難だ」と主張する女性陣に対し、「油断してる」「洗いすぎて黒も白に…」などと主張が止まらない吉村を、石橋はすね毛を抜いて黙らせた。

くつ下を見せる杉原千尋アナウンサー

◆女が気付いていない事(日常生活編)

【男はいつの時代も「ポニーテール」がすっごい好き】

男性陣満場一致で「好き」と回答「何がいいのか」と聞くと…

大悟:たぶん刻み込まれてると思う。子供のころから。

石橋:俺は、『小さな恋のメロディ』のトレイシー・ハイドで刷り込まれて、(体操の)ナディア・コマネチで刷り込まれて。

一同:あぁ~!

一般男性のアンケートでは「清楚感が出るからすごく好き。なんでみんなやらないのか不思議」「リボンとかで結ぶのも大好きです」という意見が。さらに男性陣は「おでこを出すのがいい」とのことで、壇蜜が髪を手でくくってみせると「いい女!」「素敵」と絶賛の声があがった。

◆男が気付いていない事

【女は「男からもらう花束」を男が思っている以上に喜んでいる】

吉村:え?

石橋:これはそうですよ。

大悟:絶対迷惑だと…。

石橋:女の子はもう、花束大好き。

大悟:え~!

夏菜:意外にくれる男性っていないんですよね、だから実際にやってくれる人はすごい好きになるし、うれしいやっぱり。

吉村:しかもカラフルであればあるほど僕はいいと思ってるから。

石橋:?

吉村:花束をたまに渡すんですよ。

石橋:破天荒なんじゃないの?

吉村:破天荒ではありません。

大悟:どんな感じで花束を渡すの?

壇蜜:それ知りたい。

吉村:付き合ってるんだったら、記念日ごと。

石橋:記念日ごと!?

と、まさかの“破天荒ではない”発言と共に、吉村の意外な一面が明らかに。さらに「合コンだったら全員に一輪ずつ」という吉村に、大悟が「手品師?」と突っ込むと「そのあと女の子みんな消える(帰ってしまう)から手品師かもしれない」と笑いを誘った。

一方、吉村から「奥さんに花を買えば?」と提案された大悟は「そんなことしたら“お前何かしたな?”」と怪しまれてしまうと危惧していた。

そのほかにも【男は女が思っている以上に「女の背中の毛」を見ている】【女はデートのとき「2軒目を予約している男」に引いている】など、男女の考え方の違いに、驚いたり突っ込んだり面倒くさがったりと本音トークで盛り上がった。