ガッツ・ジャパン、マザーズ上場へ 22年 信用補完で出店加速

©株式会社中部経済新聞社

高い価格競争力や徹底した手洗い洗車で差別化を強めている(11月に進出した沖縄の店舗)

 格安レンタカー「ガッツレンタカー」を運営するガッツ・ジャパン(本社名古屋市中村区、小嶋萬人社長)は、2022年12月に東京証券取引所の新興企業向け市場「マザーズ」に株式上場を目指していることを明らかにした。高い価格競争力や手洗い洗車による清潔な車両提供で、店舗数を全国170店まで拡大している。上場で信用度の補完などを図り、26年3月期に全国500店体制の実現を目指す。