柿下木材工業所 木工技術を駆使、イヤリング製造 女性チームが事業化 来年以降本格展開、第3の柱に

©株式会社中部経済新聞社

自社ブランド「モアレ」として展開するイヤリング

 木製の照明器具・部品を製造販売する柿下木材工業所(本社高山市下切町1683、柿下孝司社長、電話0577.32.2269)は、木材加工技術を生かした新規事業を開拓する。今年、女性社員3人の企画による木製イヤリングの製造販売事業を立ち上げた。来年以降に本格展開し、主力の照明関連部品や第二の柱となっている自社ブランド照明に次ぐ、第三の柱に育てる考えだ。