北日本で暴風、高波に警戒

冬型の気圧配置が強まる

©一般社団法人共同通信社

気象庁本庁=東京都千代田区

 北日本で風が強まり、海は大しけになる恐れがあるとして、気象庁は4日、暴風や高波、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、発達中の低気圧がオホーツク海を東進する影響などにより、強い冬型の気圧配置が続く見込み。北日本は、日本海側を中心に4日夜にかけて雪を伴って非常に強い風が吹き、5日明け方まで大しけが続く見通しとなっている。

 5日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道23メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)。波の高さは北海道、東北で6メートル。