年末年始は飲酒の機会が増える時期です。飲酒運転は絶対にやめましょう!

©株式会社VOTE FOR

飲酒運転は懲役または罰金等の厳しい罰則が科せられるだけでなく、会社の解雇や家族への影響など、社会的・経済的にも制裁を受けなければなりません。

■運転者以外にも厳しい罰則が科されます。
[酒類の提供]飲ませちゃダメ!
[車両の提供]乗らせちゃダメ!
[飲酒運転車両への同乗]乗っちゃダメ!

■飲んだ翌日の運転に注意!
飲み過ぎると翌朝になっても処理しきれないアルコールが体内に残り、二日酔いの状態でハンドルを握れば飲酒運転になります。

■ハンドルキーパー
飲み会の前には、お酒を飲まず友人を自宅まで送り届ける「ハンドルキーパー」を決めておきましょう。

飲酒運転撲滅 飲酒運転だけは絶対にしない!させない!許さない!そして見逃さない!
見た。聞いた。飲酒運転に関する情報はすぐに110番!