ドイツ2与党、連立条件を協議へ

即時の政権崩壊回避

©一般社団法人共同通信社

ワルターボルヤンス氏(左)ら=11月30日、ベルリン(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル連立政権に参加する中道左派、社会民主党(SPD)の共同代表制の新党首に就くワルターボルヤンス氏ら連立懐疑派の2氏は3日、党幹部とメルケル首相の保守政党への対応を協議した。両党は近く連立継続の条件を巡る協議に入る見通し。難航が予想されるが、地元有力紙は同日、即時の政権崩壊は回避されたと報じた。

 ワルターボルヤンス氏らは巨額のインフラ整備や最低賃金の引き上げを求めている。有力紙の南ドイツ新聞は3日、SPDが6日からの党大会でこれらの政策を重点課題として採択し、メルケル氏のキリスト教民主同盟(CDU)と協議する考えだと報じた。