大黒町に舟券発売場 大村市計画 長崎市は反対姿勢

©株式会社長崎新聞社

 長崎県大村市競艇企業局は3日、長崎市大黒町にボートレースの場外舟券発売場の開設を計画していることを明らかにした。地元自治会側が経済活性化に向け数年前から誘致を図っている。一方、長崎市は平和都市のイメージにそぐわないとして反対姿勢を示している。
 大黒町のパチンコ店が入るビルの2階空きフロアに計画しており、実現すれば同市では初の開設となる。
 地元の大黒町自治会と長崎駅前商店街組合などが、新幹線整備に伴うJR長崎駅周辺再開発で、駅舎が商店街から遠ざかることなどを懸念し、集客強化を目指している。開会中の定例市議会に、設置計画に反対しないことを求める請願書を提出。5日に始まる総務委員会で採択するか否かが議論される。