県内、きょう4日から大雪の恐れ

雷雨、突風にも注意

©株式会社山形新聞社

 山形地方気象台は3日夜、暴風雪と高波に関する県気象情報を発表した。4日から5日にかけて庄内は暴風雪となり、県内全域で大雪の恐れがある。

 日本付近の強い冬型の気圧配置は5日まで続く見込み。庄内は4日夜から5日にかけて西寄りの暴風が吹き、最大瞬間風速は海上で30メートル、陸上は25メートル。波の高さは6メートル。

 また、県内全般に4日昼前にかけて大気の状態が不安定になり雷を伴った雨や雪が降る。同日午後6時までの24時間予想降水量は多い所で60ミリ。同時刻までに予想される降雪量は多い所で山沿いは40センチ、平地が20センチ。

 その後も雪が降り、5日午後6時までの24時間降雪量は多い所で山沿いが40から60センチ、平地で20から40センチの大雪になりそう。雷や突風、大雪による交通障害や電線などの着雪に注意が必要。