チャレンジショップで創業支援 運営のノウハウ学ぶ

西そのぎ商工会 長与・中央商店街に

©株式会社長崎新聞社

簡単に取り外しできるつけ爪を説明する太田さん(左)=長与町嬉里郷

 西そのぎ商工会(川口義己会長)のチャレンジショップが2日、西彼長与町の中央商店街にある空き店舗にオープンした。町内で創業を考えている人たちが出店し店舗運営のノウハウを学んでいる。来年2月末まで。
 チャレンジショップは店舗運営を模擬体験できるスペース。空き店舗対策の一環として、町の補助を受け実施した。出店の申し込みがあったのは食品などの販売、サービス提供の計4人。長崎市立長崎商業高の商業クラブも月に1度、独自に企画した菓子を販売する。
 同日はオープニング式典があり、川口会長と吉田慎一町長がテープカット。訪れた客たちが店主との会話や買い物を楽しんだ。出店したうちの一人、長与町北陽台2丁目の太田香織さん(34)は簡単に着け外しできるつけ爪を販売している。「多くの人に商品を見てもらい、反響を見てゆくゆくは店を出したい」と意欲を見せた。
 出店の申し込みは同商工会長与支部(電095.883.2145)へ。