仲川らを初選出、E―1サッカー

日本代表、国内組のみで編成

©一般社団法人共同通信社

東アジアE―1選手権に臨むメンバー発表の記者会見をする森保監督=4日、東京都文京区のJFAハウス

 日本サッカー協会は4日、東アジアE―1選手権(10日開幕・釜山)に臨む男子の日本代表メンバー22人を発表し、仲川(横浜M)小川(水戸)田中碧(川崎)ら10人が初選出された。海外組は招集できず、国内組のみで編成した。初招集の選手は仲川を除いて22歳以下の東京五輪世代で、五輪への強化も見据えた顔触れ。

 記者会見した森保監督は「東アジアの国が威信をかけて挑んでくる。厳しい戦いを成長につなげてほしい」と話した。

 2013年大会以来の優勝を目指す日本は10日に中国、14日に香港、18日に韓国と対戦する。自国開催だった2年前の前回大会は2勝1敗の2位に終わった。