新潟女児殺害、男に無期懲役

死刑求刑の25歳、地裁判決

©一般社団法人共同通信社

小林遼被告

 新潟市西区で昨年5月、小学2年の女児=当時(7)=が下校中に連れ去られ殺害された事件の裁判員裁判で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われ、死刑を求刑されていた小林遼被告(25)に新潟地裁は4日、「弱者を狙った無差別的な犯行で悪質」として無期懲役の判決を言い渡した。

 判決理由で山崎威裁判長は「何ら落ち度のない被害者が下校中に連れ去られ殺害された。結果は重大で、まれに見る凄惨な事件」と非難。一方で殺害の計画性がなく、首を絞めた殺害方法は特に残虐、執拗ではないとして「死刑がやむを得ないとは言えない」と述べた。

 遺族は「娘が浮かばれない」とのコメントを出した。