無声映画を活弁で 12日鑑賞会

©株式会社長崎新聞社

 サイレント映画を「活動弁士(活弁)」によるせりふの語りやストーリーの解説で楽しむ、第1回長崎無声映画鑑賞会(マツダ映画社主催)が12日午後6時半から、長崎市興善町の市立図書館多目的ホールで開かれる。
 活動弁士に憧れる青年を描いた映画「カツベン!」(周防正行監督)が13日から全国公開されるのを記念し企画。
 12日の鑑賞会ではフランスの作家ガストン・ルルーの名作「オペラ座の怪人」を映画化した「オペラの怪人」(1925年・米国)を上映。弁士は「カツベン!」の監修を務めた澤登翠(さわとみどり)さん。
 チケットは全席自由、前売り2千円(当日300円増し)。取り扱いは浜屋プレイガイド。8日までメール(アドレスkatsuben@matsudafilm.com)での予約も可能。問い合わせはマツダ映画社(電03.3605.9981)。