芳根京子が古舘寛治×滝藤賢一W主演ドラマのヒロインに! コメディエンヌぶりを発揮

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で2020年1月10日スタートの連続ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」(金曜深夜0:12)で、主演の古舘寛治が演じるコタキ兄弟の兄・一路が足しげく通う「喫茶シャバダバ」の看板娘・さっちゃん役に芳根京子が決まった。芳根は「古舘寛治さん、滝藤賢一さんという強烈なお二人がつくる世界に参加させてもらえてとってもうれしいです! お二人が企画段階からすごく大切に育ててきた作品に呼んでもらえた喜びをかみしめながら、一緒にお芝居を楽しませてもらいました!」と出演を喜んでいる。

同作は真面目すぎてうまく生きられない兄と、そんな兄を見て育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟の残念な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちとかかわり、さまざまなむちゃぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディー。野木亜紀子氏がオリジナル脚本を手掛け、映画監督・山下敦弘氏が全話の演出を担当、古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務める。

芳根が演じるさっちゃんは、兄弟の「レンタルおやじ」の活動の拠点となる「喫茶シャバダバ」で働き、天真らんまん、何をしでかすか分からないところのあるヒロイン。芳根は「コタキ兄弟は本当に最高な兄弟です! お腹を抱えるほど笑わせてくれる、でも、ほろっとさせられる瞬間もあって、なんだかとってもずるいんです! はじめは喫茶店の店員としてお二人にかかわっていきますが、兄弟との関係性がどんどん濃くなり、お二人のパワーで一歩踏み出す瞬間があったりと、じわじわ起こるさっちゃんの進化を純粋に楽しんでもらえたらうれしいなと思います」とアピール。

さらに、「野木亜紀子さんの脚本と山下敦弘監督の演出という、『どういう世界が生まれるんだろう』とすごくワクワクするタッグの作品に自分が参加させてもらうからには、『さっちゃんが芳根でよかったね』って皆さんに思ってもらえるように、頑張らなくては!という思いで臨みました」と話すと、山下監督は「『コタキ兄弟と四苦八苦』において、芳根京子の存在は“光”でした。『コタキ兄弟と四苦八苦』の“背骨”は芳根京子演じる“さっちゃん”」と期待を寄せた。