台湾LCCと相互予約を開始

ジェットスター、ウェブサイトで

©一般社団法人共同通信社

相互予約開始について記者会見するジェットスター・ジャパンの片岡優社長(右)とタイガーエア台湾の幹部=4日午前、東京都港区

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)などで構成するジェットスターグループは4日、LCCのタイガーエア台湾と、相互のウェブサイトを通じて航空券を予約、発券する契約を結び、運用を始めたと発表した。顧客はそれぞれの航空券を一括で購入することが可能となり、利便性が向上する。

 今回の契約により、ジェットスターのサイトでは新たにマカオや仙台、岡山など8空港の発着便を予約できる。ジェットスターとタイガーエアを乗り継ぐ際には、荷物を経由地で預け直す必要がなくなる。

 アイスランドのIT企業のシステムを導入することで可能となった。