東京五輪、国の支出1兆円超

過去6年間、会計検査院

©一般社団法人共同通信社

2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場

 2020年東京五輪・パラリンピックを巡り、会計検査院が昨年に続き準備状況を調べたところ、18年度までの6年間に国が関連事業に支出した費用の総額が計約1兆600億円に上ったことが4日、分かった。政府が大会との関連性が比較的低いとする事業も含むが、今後も費用は増える見通しで、大会組織委員会の公表分や東京都の見込む関連経費を合わせた総コストが3兆円に達するのは確実とみられる。

 組織委は、大会に直接関係がある経費を総額1兆3500億円と公表しており、内訳は組織委と都が6千億円ずつ、国が1500億円。都はこれとは別に、約8100億円の関連経費を見込む。