西山が王座を奪取、女流三冠に

将棋、里見は四冠に後退

©一般社団法人共同通信社

西山朋佳新女流王座

 将棋の第9期リコー杯女流王座戦5番勝負の第4局は4日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、挑戦者で後手の西山朋佳女流二冠(24)が144手で里見香奈女流王座(27)を破り、3勝1敗で初獲得、女王、女流王将と合わせ自身初の三冠となった。里見前女流王座は、四冠に後退した。

 西山新女流王座は5月のマイナビ女子オープン(称号は女王)で初防衛し、11月には女流王将を奪取。いずれも里見前女流王座を破った。一方、女流棋士と制度が異なるプロ棋士養成機関の奨励会に在籍。最終関門の三段リーグで女性初の棋士を目指している。