KBO20勝右腕・リンドブロムがメジャー復帰へ 米メディア「MLBと契約を望んでいる」

©株式会社Creative2

MLBではアスレチックスなどに在籍したジョシュ・リンドブロム【写真:Getty Images】

韓国プロ野球で20勝3敗、防御率2.50、ブルージェイズが興味を示す

 今季、韓国プロ野球(KBO)で20勝3敗、防御率2.50の成績を収めたジョシュ・リンドブロム投手が、メジャー復帰を目指していることを米メディアが伝えている。

 ドジャースでプロのキャリアをスタートさせたリンドブロムは2015年にアスレチックスから韓国ロッテに移籍。2017年にパイレーツで米球界復帰を果たしたものの、同年途中にロッテに復帰した。2018年から斗山ベアーズに加入するとリンドブロムは1年目の昨季に15勝、今季も20勝を挙げリーグMVPを獲得した。

 米ヤフースポーツは「ジョシュ・リンドブロムはMLBに戻ってくるようだ」と見出しを付け、リンドブロムが再びメジャーへ復帰することを伝えた。記事では複数の記者がブルージェイズが興味を示していることを指摘し「MLBの球団と契約することを望んでいるということだ」とレポート。日米複数の球団が興味を示していたがMLB1本に絞ったようだ。

 メジャーリーグの舞台を一度離れ、他のリーグで活躍し再び復帰する“逆輸入プレーヤー”についても言及し「エリック・テイムズやマイルズ・マイコラスがその例だ。リンドブロムもその仲間に加わることを願っている」と、レベルアップしてメジャーで活躍することを期待した。(Full-Count編集部)