容疑者引き渡し巡り審理へ

筑波大生事件でチリ裁判所

©一般社団法人共同通信社

 【サンパウロ共同】フランス東部ブザンソンに留学していた筑波大生黒崎愛海さんが2016年に行方不明になった事件で、フランス検察当局がチリ側に要請した元交際相手のチリ人ニコラス・セペダ・コントレラス容疑者(28)の身柄引き渡しを巡る第1回審理が、チリの裁判所で12日に開かれることが4日、分かった。裁判所はセペダ容疑者を召喚した。

 審理を通じて身柄引き渡しの是非を判断する。結論が出るまでには時間がかかる見通し。チリ側はこれまで容疑者の拘束を認めない方針を示しており、要請に応じる可能性は低いとみられている。