ブランドオフ、コメ兵の傘下入り 店名そのまま

©株式会社北國新聞社

 経営難に陥っていたブランド中古品買い取り販売のブランドオフ(金沢市)は、同業のコメ兵(名古屋市)の傘下に入った。ブランドオフの店名は変更しない方針で、コメ兵が店舗を持たない北陸や香港、台湾などで事業を拡大する。

 コメ兵が新設した子会社「K—ブランドオフ」(金沢市)が3日、吸収分割によりブランドオフの事業基盤を承継した。ブランドオフは債務整理を行う。買収額や負債総額は公表していない。K—ブランドオフの社長にはコメ兵の山内祐也執行役員が就いた。

 ブランドオフは近年、赤字経営が続いており、同業他社の支援による立て直しを目指していた。