高校生平和カレンダー完成 署名実行委など 国内外での活動紹介

©株式会社長崎新聞社

カレンダーをPRする平野さん(左)と川端さん=長崎市役所

 核兵器廃絶を求める署名を集めている高校生1万人署名活動実行委や高校生平和大使の活動を伝える「高校生平和カレンダー2020」(A4判)が完成した。8月の国連欧州本部の訪問や、全国各地で活動する高校生の様子などを紹介している。

 東日本大震災の被災地の支援と、平和教育資料としての活用や、高校生の平和活動について知ってもらおうと、同実行委と高校生平和大使派遣委、「子どもの平和と生存のための童話館基金」が共同で12年版から毎年制作している。1万部制作し、福島県に2千部、岩手県に千部、長崎市や熊本県などにも2千部寄贈する。

 4日、長崎市役所で会見した派遣委の平野伸人共同代表(72)は「全国から励まされたという声が多く届いている。多くの人が手にとってほしい」、同基金の川端翔代表(33)は「高校生が全国各地で平和のために活動する姿を知ってもらえたら」と話した。