市政ニュース給油取扱所におけるガソリンの容器への詰め替え販売について

©株式会社VOTE FOR

令和元年7月18日、京都府京都市伏見区のアニメーション制作会社において、極めて重大な人的被害を伴う爆発火災が発生しました。
この火災発生に伴い、給油取扱所におけるガソリンの容器への詰め替え販売に係る取扱いについて消防庁から通知がなされました。
ガソリンは使い方を誤れば非常に危険なものであり、重大な人的被害を伴う事件、事故につながるおそれがあります。
ガソリンなどの危険物の危険性について十分理解し、未然に事件、事故を防ぐため、みなさんのご理解、ご協力をお願いします。

・ガソリンなどを購入する際は、消防法令に適合した容器(携行缶など)を用意してください。
・身分証の提示や使用目的を問われることがあります。
・セルフガソリンスタンドでは、顧客自らがガソリンを容器に給油することはできません。(時間を決めて、従業員が携行缶などに詰め替えを行い、販売している場合もあります。)
・セルフ以外のガソリンスタンドでも、会社の方針で販売を中止しているところもあります。