公務員務め42年8ヵ月、白老・岡村副町長が退任

©株式会社室蘭民報社

 副町長を8カ月間、職員としての勤務を合わせると42年8カ月間、白老町役場に勤めた岡村幸男副町長(62)の副町長退任式が3日、町役場議事堂で行われた。同副町長は大勢の職員を前に「ともに汗を流し、一緒に課題解決に向けて努力をしていただいた職員の皆さま、本当にありがとうございました」と退任のあいさつを述べた。

 体調不良を理由に任期途中で退任する岡村副町長はさらに「12月議会前という大事な時期に退任することになり、おわび申し上げます。引き続いて町民の皆さまの幸せのために目標を共有し、一つ一つハードルを乗り越えて行っていただきたい」と述べた。女性職員から花束を受け取り、職員たちからねぎらいの拍手を受け、役場庁舎をあとにした。

 岡村副町長の後任は同町生活環境課長、建設課長などを歴任した竹田敏雄氏(63)。(富士雄志)

【写真=退任あいさつ後、女性職員から花束を受け取る岡村副町長(左)】