映画公開35周年「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が現代に蘇る!?

©株式会社リライアブルピーアール

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の公開35周年記念し、“大スクリーンでの映画上映 X オーケストラ生演奏による音楽”でお届けするシネマ・オーケストラ・コンサートが2020年4月29日(水・祝)に東京国際フォーラム、5月1日(金) に大阪国際会議場にて開催することが決定した。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサートは、1985年製作の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の1作目をノーカットで舞台上の大スクリーンで上映。そして全編のサウンドトラック部分を映画に合わせてオーケストラが生演奏するシネマ・オーケストラ・コンサートだ。
2015年5月の世界初演後、米・ハリウッドボール、ロンドン・アルバートホールをはじめ世界中で上演され、日本では2015年に東京と大阪、2019年4月に東京で、総勢21,000人を動員した大ヒット公演。このコンサートのために、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の音楽を担当したアラン・シルヴェストリが元々のオーケストラスコアに加えて、新たに約15分のスコアを作曲した。映画の始まりからワクワクする音楽的演出が施されており、80名のフルオーケストラが迫力の生演奏で、観客をタイムトラベルへ誘う。
映画公開35周年をお祝いして、コンサート当日、会場に映画に登場した『デロリアン』のレプリカ展示もされる。

© Universal City Studios LLC and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

筆者も「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が大好きで、もう今までに何度見てきた事だろうか。改めて今観ると、35年前に未来として描かれていた世界が今の現実世界でいくつも実現されている点は驚きである。(さすがにタイムマシンはまだまだ実現化しそうにないが)そして、マーティとドクの掛け合いも最高だが、不良のビフが現世界のトランプ大統領に見えてしまうのは気のせいだろうか・・・

初めての方も、昔ハマった方も、この機会に是非「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の世界を思う存分楽しんでみてはいかがだろうか。


【開催概要】

__公開35周年記念「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 in コンサート
■東京公演__
【会場】東京国際フォーラム・ホールA
【日時】2020年4月29日(水・祝) 14:00開演(13:00開場)

■大阪公演
【会場】大阪国際会議場(グランキューブ大阪)メインホール
【日時】2020年5月1日(金) 19:00開演(18:00開場)

※英語上映・日本語字幕あり ※上演時間:約2時間30分予定(休憩1回含む)

【出演】
指 揮:ニコラス・バック
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団(東京公演)/大阪交響楽団(大阪公演)

【料金】 S席9,900円、A席7,900円 B席3,900円(全席指定・税込)
※5歳未満のお子様はご入場できません。※お一人様1枚チケットが必要です。
※アラン・シルヴェストリは出演致しません。
※チケットを紛失された方、または当日チケットをお忘れになった方はチケットがなければどのような場合でもご入場できません。
【チケット一般発売日】2019年2月8日(土)AM10:00
【公式サイト】
https://cineoke.info/on/bttf
【お問い合わせ】
(東京公演)キョードー東京 0570-550-799(平日11時〜18時 土日祝10時〜18時)
(大阪公演)キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)