【香港国際競走2019】12/5今朝の日本馬&枠番抽選会

©株式会社日刊現代

【香港国際競走2019】12/5今朝の日本馬&枠番抽選会

27 Photos

12月5日、沙田競馬場では香港国際競走に出走する日本馬のうち3頭が馬場で調整を行った。香港マイルに出走のペルシアンナイトと、香港ヴァーズに出走するグローリーヴェイズは芝コースで追い切り、香港ヴァーズに出走のラッキーライラックはAW(オールウェザー)で1周軽く流す調整を行った。また調教終了後には枠番抽選会が行われ、主なところでは香港マイルのインディチャンプはが番枠、アドマイヤマーズは4番枠に入り、香港ヴァーズのラッキーライラックは1番枠を引き当てた。

薄曇で気温15度の下、外国馬各陣営は8時45分から馬場入り

本日の馬場入りは3頭。先陣をきったのは、香港マイルに出走するペルシアンナイト(牡5:栗東・池江泰寿厩舎)。芝コースで調整を行った

続いて、香港ヴァーズに出走するグローリーヴェイズ(牡4:美浦・尾関知人厩舎)。ペルシアンナイトと同じく芝コースで調整された

香港ヴァーズに出走するラッキーライラック(牝4:栗東・松永幹夫厩舎)はAW(オールウェザー)コースに入り、馬場を軽く1周流す程度の調整を行った

香港マイル連覇中の香港馬ビューティージェネレーションも早朝に芝コースで追われた

追い切り後、撮影に応じるビューティージェネレーション

外国馬の調教が終わった後、パドックで行われた枠番抽選会

11時の開始を前にパドック内に続々と関係者が集まる

レースごとに決められた色のシートに関係者は着席し、抽選の行方を見守る

HKIR(香港ジョッキークラブ)の幹部が枠番抽選会を宣言

【香港ヴァーズ】ラッキーライラックはノーザンファーム信楽の松本場長が1番枠を引き当てた

グローリーヴェイズは管理する尾関知人調教師が引き、真ん中7番枠

ディアドラはラッキーライラックの隣枠となる2番枠を引いた

枠番が決まり、香港ヴァーズ出走関係者での記念撮影

【香港スプリント】香港馬12頭、オーストラリア・日本各1頭の出走となる香港スプリント。ただ一頭の日本馬ダノンスマッシュは真ん中8番枠を引いた

香港スプリント出走関係者での記念撮影

【香港マイル】日本馬4頭が出走する香港マイル。ペルシアンナイトは6番枠

ノームコアを管理する萩原清調教師がクジを引き、9番枠が確定

安田記念・マイルCSの春秋マイルG1を制したインディチャンプは内目3番枠からスタート

NHKマイルC勝ち馬の3歳馬アドマイヤマーズはインディチャンプの隣4番枠

【香港カップ】アーモンドアイが出走を取りやめ、今春のクイーンエリザベス2世Cの勝ち馬ウインブライト1頭の参戦となった香港カップ。管理する畠山吉宏調教師がくじを引き、大外8番枠を引き当てた

香港カップ出走関係者での記念撮影

無事に枠番抽選会が終わり、香港カップ出走馬関係者と乾杯をするHKIR幹部

撮影:稲葉訓也

撮影日:2019年12月05日