無料のコンサートや医療講座も!大阪・北摂 12月からのイベント8選

©株式会社サンケイリビング新聞社

無料コンサートや医療講座、展覧会、マラソン大会など、大阪・北摂エリアでこの冬に行われる〝旬〟なイベントを紹介します。

出典:リビング北摂Web

▲大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻プロデュースのロビーコンサート(過去の様子)

●大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻プロデュース「月がきれいですね」 【豊中】

12月11日(水)午後7時、豊中市立文化芸術センター(阪急曽根駅歩5分)多目的室で。大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻の学生がプロデュースする、恒例のコンサート。今回は、ヨーロッパ各地のあらゆる作曲者の「月」をテーマにした歌とピアノの演奏が披露されます。無料。当日先着順(約70人)。問い合わせは、mcom@daion.ac.jp(大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻)へ。

●箕面市立病院市民医療講座「脳卒中の後遺症~その症状と対応~」 【箕面】

12月21日(土)午前10時、箕面文化・交流センター(阪急箕面駅歩1分)で。箕面市立病院の医師、専門職員ら6人の話を聞きます。無料、事前申し込み不要。電話:072-728-2034同院病院経営室。

出典:リビング北摂Web

▲箕面市立病院市民医療講座(過去の様子)

●清宮質文─限りなく深い澄んだ空気 【大山崎町】

12月14日(土)~3月8日(日)、アサヒビール大山崎山荘美術館(JR山崎駅・阪急大山崎駅歩10分)で。静謐(せいひつ)で、詩情に満ちた画風で知られる版画家・清宮質文(せいみやなおぶみ、1917~1991)の木版画、ガラス絵などの作品を紹介。関連イベントとして、クリスマススペシャルコンサート(12月24日・25日開催)、瀬戸内市立美術館館長・岸本員臣(かずおみ)さんによるギャラリートーク(来年1月18日開催、申し込み先着順)も。詳細は、同館のWeb(https://www.asahibeer-oyamazaki.com/)で。入館料は、一般900円、高大生500円、中学生以下無料。午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)。休館日は、月曜(祝日は開館、翌火曜休館)、年末年始(12月26日~1月3日)。電話:075-957-3123総合案内。

●林英世演出 市民参加朗読劇 シェークスピア作「夏の夜の夢」 【吹田】

12月21日(土)午後2時、22日(日)午前11時と午後2時30分、吹田歴史文化まちづくりセンター「浜屋敷」(JR吹田駅歩15分)で。2018年関西現代演劇俳優賞を受賞した、林英世の演出で、公募による市民の朗読劇が披露されます。一般500円。電話:06-6386-6333メイシアター。

●みんぱく映画会・みんぱくワールドシネマ「あまねき旋律(しらべ)」 【吹田】

12月22日(日)午後1時30分~4時、国立民族学博物館(大阪モノレール万博記念公園駅歩15分)特別展示館で。研究者による解説付きの映画上映会。インド北東部の農村で、歌いながら労働に励む人々の文化を描いたドキュメンタリー作品が上映されます。2017年のインド映画。展示観覧券(一般580円)が必要。定員350人(当日午前11時から会場入り口で整理券配布)。電話:06-6878-8210。

●大阪国際空港写真展・写真コンテスト 作品募集 【豊中】

大阪国際空港周辺地域活性化連絡会では、「わがまち再発見」をテーマに、同空港と周辺7市(池田・伊丹・川西・吹田・宝塚・豊中・箕面)で撮影された写真作品を募集。選考された60作品が、来年2月13日(木)~25日(火)に、豊中市立文化芸術センター2階回廊型ギャラリーで展示されます。来年1月9日(木)必着。応募方法は、豊中市のWeb(https://www.city.toyonaka.osaka.jp/machi/kukou/kukou_topics/airportphoto2019.html)で確認を。電話:06-6858-2097豊中市空港課。

出典:リビング北摂Web

▲昨年の最優秀賞「空は秋色」(薄井研司さん)

●ハーフコースが誕生!第12回箕面止々呂美(とどろみ)・森町(しんまち)ハーフマラソン 【箕面】

来年3月8日(日)、森町中央公園(箕面市森町中1丁目13)をスタート(ゴールも同じ)。コースは、3㎞・7㎞・10㎞・ハーフ。参加費は小中学生1000円、高校生2000円、一般3000円(ハーフ3500円)。定員1200人。TOKYO2020オリンピック観戦チケットが当たる抽選会も開催。申し込みは、来年1月31日(金)まで。詳細は、箕面市HPで確認を。

出典:リビング北摂Web

●SOU-JR総持寺駅アートプロジェクト第4回展示「時の戯れ」 【茨木】

来年3月末まで、JR総持寺駅の改札外通路で。高さ2.6mの壁面に、さまざまなアート作品を大型プリントで展示するプロジェクトの第4回。4人の作家(安田知司、濱中徹、髙倉大輔、松井千惠)による現代アート4作品が展示されています。観覧無料。問い合わせは、茨木市市民文化部文化振興課振興係(メール=bunkashinkou@city.ibaraki.lg.jp)へ。

SOU - JR総持寺駅アートプロジェクト

■instagram: https://www.instagram.com/souartproject/

■Facebook: https://www.facebook.com/souartproject/

■Website: https://www.sou-art.com/

出典:リビング北摂Web

▲髙倉大輔「Magic Hour」 2016年制作 実作品サイズ:420×594mm デジタルCプリント