今田耕司「繊細でリアルなものに進化している」。「ものまね王座」は新世代VSベテランに!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系では12月6日に「日本一のものまね王者が今夜決定!ものまね王座決定戦 年に一度の鉄板ネタガチンコバトルスペシャル」(午後7:00)を放送。ものまね芸人をはじめ、ものまねが得意なお笑い芸人、アーティスト、声優、一般人たちがトーナメント方式でそれぞれのものまね芸を競い合う。司会は「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦」を含め、今年で20周年目を迎える今田耕司と東野幸治。また審査員として堺正章、小倉智昭、片岡鶴太郎らが出演する。

今回は、2012年夏王者のミラクルひかる、12年冬&16年二冠王者のビューティーこくぶ、14年王者の布施辰徳、17年王者のエハラマサヒロ、そして“ものまね四天王”の栗田貫一と超実力派がずらり。またベテランのコージー冨田、カール北川、ほいけんた、みはるに加え、“ものまね次世代“を担う山本高広、ダブルネーム、鈴木麻由、田口佑希も出場する。

堺は「一番興味深かったのは、若手の方が非常に増えたことです。その若手たちとベテラン勢がぶつかり合う中で、下克上があったりして、ベテラン勢も改めて緊張感を持ったのではないでしょうか。新旧対決というと失礼かもしれませんが、ベテランと若手の対決は見ものだと思います」とアピール。

司会を20年務める今田は「皆さんのものまねのクオリティーが高すぎて、実は感動して泣きそうになるのを我慢しているんです。特に、布施辰徳さんの福山雅治は印象深いです。デフォルメで大げさにやっていたものまねから、布施さんをはじめとした出場者の皆さんのものまねが、繊細でリアルなものに進化している」と新鮮さを強調。また東野は「ぐっさん(山口智充)が、聖飢魔Ⅱのものまねをしているところに、ご本人がやって来て聖飢魔Ⅱ同士が戦っていたのが印象的です(笑)。普通、ご本人が登場したら少し引くんですけど、お互いに一歩も譲らないどころか、より前に出て行く感じがすごかったですね(笑)」と振り返っている。