ソニーとドコモ、タッチレスおサイフケータイの実証実験開始 スマホはカバンに入れたまま!

©株式会社BCN

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズとNTTドコモは、スマートフォン(スマホ)を決済端末にかざさなくても決済を実行できる「おサイフケータイのタッチレス対応」の実用化に向けた実証実験を12月10日に開始する。

ソニーとNTTドコモがタッチレスのおサイフケータイの実証実験を開始した

高精度な測距技術の一つ「UWB(Ultra Wide Band)」や、スマホに搭載されているBluetoothなどの無線通信規格、キャッシュレス決済などで利用されるソニーのFeliCa技術を組み合わせて実現を目指す。

例えば、ポケットやかばんにスマホを入れたまま、支払いエリアに立っていれば決済処理が終わるという想定。ドライブスルーでスマホを動かさずにアプリで決済するケースも想定しているという。

両社は、実験を通じて安全で便利にタッチレスでおサイフケータイを利用できるよう、機能性の検証、業界の標準化動向との整合性の検証とユーザビリティの検証を実施する。

また、この他のさまざまな分野や業態で活用する実証実験を進め、パートナー企業を拡大し、将来の実用と普及拡大を目指すという。キャッシュレス決済だけでなく、スマホを使った「デジタルキー」での車の開錠/施錠、デジタルサイネージからの「広告・クーポン配信」など、応用もできそうだ。

なお、この実験は、2020年1月23~24日の2日間にわたって東京ビッグサイトで開催されるドコモのイベント「DOCOMO Open House 2020」で一般公開する。