劇場版『ヒロアカ』井上芳雄、好きなキャラは峰田実「友達になりたい!」

©映画ランド 株式会社

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』完成披露試写会が5日、都内・豊洲PITにて行われ、山下大輝、岡本信彦、梶裕貴、石川界人、今田美桜、井上芳雄、主題歌を歌うsumikaが登壇した。

今作の舞台は、校外ヒーロー活動のために訪れた離島・那歩島(なぶじま)。“引退したNo.1ヒーロー・オールマイトの後を継ぐ次世代のヒーロー育成プロジェクト”の一環として、平和な島の人々を助け、慌ただしい日々を送っていた雄英高校1年A組メンバーの前に現れたのは、最凶の敵<ヴィラン>・ナインとその部下たち。

恐るべき力と“個性”を持ち、そして死柄木弔率いる敵連合とも何らかの繋がりがあると思われるナインには、ある“狙い”があった…。島に住む人々をナインたちから守るため、デクたち1年A組メンバーが“ニューヒーロー”として立ち向かう。

出来上がったばかりの作品に「…すごいです!!」と山下。共演者から「ちゃんとやって!」「語彙力がゼロ!」とツッコミを受けつつ、「本当にシビれました!第1作目も師弟の共闘があり、めちゃめちゃ盛り上がったんですが、今回はそれを超える、期待されているところが多かったと思いますが、その期待に添えるんじゃないかなと思います。僕らも期待を超えられるように演じましたので、びっくりするのではないかと思います。4回くらい泣きました!」と明かし、会場を沸かせた。

最凶の敵ヴィラン「ナイン」の声を演じる井上芳雄。「中学2年生の息子がいるんですが、『ヒロアカ』の大ファンで『絶対やらなきゃダメだ!』と。本当に参加できて嬉しいです!」と喜び。アフレコについて「まだ画も完成していないこともあって、“まる”(丸・円)のようなものを見ながら『ヤーッ』と言いながら…自分の人間性が可笑しくなるような(笑)でも、出来上がりを観て感動しましたね!」と振り返った。

「ナイン」の側近「スライス」役、自身“初”となるアニメ映画の声優に挑んだ今田美桜。山下・岡本らがそれぞれデク、爆豪の声でファンを沸かせていると、今田は「本物の声を聞いてびっくりして圧倒されてます(笑)」と笑顔をのぞかせ、「(完成した作品を観て)大興奮しました!皆さんにもその興奮を味わっていただけたら」と作品をアピールした。

MCから「好きなキャラクター」について聞かれると、井上は「個人的に好きなのは…峰田実!」と告白。山下らも「わかる!!」「親近感ある」と共感し、井上は「初めて見たときに『なんだこのミッキーマウスみたいなやつは!』って(笑)中身のおっさんぽさ!友達になりたい!」とハニカミ。

一方で今田は「峰田くんも好きですが…(笑)お茶子ちゃん!かっこいいしかわいいし、いろんなものを持ってる」とコメント。続けて、石川の「この中だったら誰が一番好きですか?」という無茶振りに、今田は「デクくん!」とにっこり。山下は「プルスウルトラ!!」と、デクと大喜び。その様子に岡本が「っせー!!」と爆豪っぷりを炸裂させ笑いをさらう。さらに梶も「よかったね!フリージングディザスター!」と、演じる轟焦凍の技を繰り出し、仲睦まじい様子をのぞかせた。

イベントでは、sumikaが主題歌「ハイヤーグラウンド」を生披露。さらに、劇場版でアニメ初登場となるプロヒーロー・“ホークス”の声優を中村悠一が務めることが発表された。

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』は12月20日(金)全国東宝系にて公開

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社