消費生活センターからのお知らせ

©株式会社VOTE FOR

■不審な電話やインターネットを利用した事例にご注意ください
消費者問題は、いつでも誰にでも起こりうる問題です。事前に知っておくことで防げる被害もあるので、似たような事例に遭遇した際には注意してください。

○事例(1)
大手電話会社の子会社を名乗る事業者から「2020年以降アナログ回線が廃止され、今の電話が使えなくなるので光回線に切り替えないか」との勧誘電話

現在のところ、使用中の電話機や電話番号が使えなくなるようなことはありません。そのような勧誘をする業者に注意しましょう。

○事例(2)
パソコンでインターネットを使用していたら、突然大きな警告音が鳴り、画面にウイルス感染の表示が出てきた

慌てて事業者に連絡すると、不要なセキュリティソフトやサポートの契約をさせられてしまうことがあります。表示自体が偽の表示である可能性がありますので、まずは一旦画面を閉じましょう。また、契約してしまった場合、解約手続きがスムーズに進まない事例の報告もあります。

どうしたらいいか迷ったら、一人で悩まず、井原市消費生活センターにご相談ください。