区政会議(10月)を開催しました!

©株式会社VOTE FOR

10月31日(木)午後7時から、委員改選後はじめての区政会議を開催しました。新しい議長・副議長を選任した後、令和2年度平野区運営方針(素案)の概要について区長から説明を行い、それを基に、小グループに分かれてさまざまなご議論をしていただきました。

■委員構成:
・地域活動協議会 18名
・団体 7名
・公募 7名
・学識経験者 1名
合計 33名
(令和元年10月31日現在)

■新しい議長・副議長から、ひとことご挨拶
平野区にはとても親しみを持っており、愛着も強いものがあります。平野区のために皆様のご意見や議論を活発に有効にできればいいなと思っています。微力ながら力を尽くしたいと思いますので、よろしくお願いします。
岡本議長

前回から引き続き区政会議への参加となります。円滑な会議の進行と自発的な区政会議委員としての活動も少ししていきたいと思っています。委員の皆様とともにいい平野区をつくっていければと思っておりますので、よろしくお願いします。
小澤副議長

■グループの紹介と今回いただいた主なご意見
◇安全安心まちづくり
「地域に応じた安全・安心のまちづくり」をテーマに、防災力・防犯力・地域活動力の向上に向けた取組みや、まちの魅力の向上に向けた未利用地の有効活用を図る取組みについて意見交換を行いました。
今回の会議では、主に今年多く発生していた風水害被害に焦点が当てられ、防災について多くのご意見をいただきました。
◇地域福祉
平野区地域福祉計画(第2期)の実現に向けて、「すべての人と人とがつながり支えあえる福祉のまちづくり」をテーマに、地域における福祉支援体制の充実や、障がいのある方や認知症の方への寄り添いや担い手確保等の支援の取組みについて意見交換を行いました。
高齢者だけでなく、障がいのある方への支援についても、区役所が行っている取組みをもっと広めてほしいといったご意見をいただきました。
◇こども教育
「こどもが元気で育つまちづくり」をテーマに、児童虐待防止や早期発見の取組み、子育て支援、こどもの学習意欲向上の取組みについて意見交換を行いました。
読書ノートのよりよい活用方法や、こどもだけでなく親子で取り組むことで学習意欲の向上につながるのではないかといったご意見をいただきました。